薬剤師でありながら、エ●チなお薬を作るマッドサイエンティストの姉妹とであったヒロイン。

 

マッドサイエンティストの実験台にされて毎日苦労しつつもそれはそれで、楽しい毎日。しかし、姉には一切しゃべれないという問題があった。

 

どうしてヒロインはしゃべれないのか?マッドサイエンティストがつくってしまったトラブル薬とは?4人のキャラクターがそれぞれの魅力を持ちふたなりレズものとしての魅力を存分に発揮してくれます。

 

連載時によんでいました。ヒロインがロリータでありながら、おおきなアレをもったふたなりである点は、当時としてはどのジャンルにおいたらいいかわからない作品でした。

 

展開に関しても連載作品と云うこともありしっかりとストーリーをすすめ展開していく形式でした。

 

最終的なオチ部分に関してはネタバレとなってしまうため書くことはできませんが、ぜひとも続編の執筆をして頂きたいと思う様な作品として完成されていたのを今でも思い出せます。